出産・育児グッズ、いるものいらないものをまとめてみた

2018/09/26
 

3月生まれの息子はもうすぐ1歳になります。

去年のこの時期は、生まれたらどんな物が必要なのかをネットやたまごクラブなどで調べてばかりいました。

記事にはだいたい「今はネットですぐ買えるんだから、事前に買いすぎないようにね!」ってことが書いてあります。

私も気をつけていたつもりでしたし、なるべく物を増やしたくない私は、検証に検証を重ねたつもりでした。

でも、やはり買ったけど必要でなかったもの、がいくつかありました。

逆に、用意していなかったけど、あわてて買いに行ったものもありました。

そこで、私が出産・育児グッズで使ってよかったもの・必要でなかったものを記事にすることにしました。

スポンサーリンク

出産・育児グッズ 買ったけど必要なかったもの

まずは買ったけど必要なかったもの。

  • 布おむつ
  • おしりふき用のお湯が出てくるスプレー
  • 電動爪やすり

布おむつ

布おむつは肌にいいものだと思っていたので、絶対に使いたいと決めていました。

リネンの、質のいい布おむつと、野田琺瑯のバケツ(つけ置き用)を揃えて、ちょっとおしゃれな自分に酔っていたフシもあります。笑

実際は、1日10回、20回がザラのおむつ替えは、紙おむつでさえ大変。

結局、布おむつを使おうと思ったのは、生後1ヶ月ごろでした。

しかし!

布おむつを使ったら逆にかぶれてしまいました・・・

どっちが肌にいいのかなんて、使ってみなければわかりませんね。

メルカリで、ほぼ定価で売れたのが救いでしたが。

 

また、災害時は、布おむつだと対応できません。よほどの数を持っていたら数日はいいかもしれませんが・・・

布おむつ派の人も、必ず紙おむつを1袋用意しておいたほうがいいと思います。

おしりふき用のお湯が出てくるスプレー

はい、これも上と同じで、「肌にいいはず」と揃えていたものです。

こちら、スプレーボトルに水を入れてウォーマーにセットしておくと、いつでもお湯が使えるというもの。

コットンにスプレーしておしりふきとして使います。

最初は、こちらを自宅で、普通のおしりふきを外出時に使おうと思っていました。

でも、息子はすごく肌が強いです。今までかぶれたことは1度もなし。

むしろ、コットンの繊維が残ることの方が、肌に刺激を与えるような気がしました。

 

肌が弱い赤ちゃんには必需品かもしれませんが、まずは市販のおしりふきを試してから購入しても遅くはないと思います。

電動爪やすり

出産前は、赤ちゃんの爪を切るなんて想像しただけで恐ろしくて、絶対にハサミ型ではなく、爪やすりにしようと思っていました。

事前に電動の爪やすりを購入。

数回は楽しく(?)使いました。

でも、爪がだんだん丈夫になってくると、爪やすりだとすごく時間がかかるんですよね。

それに、息子は手が大きく、繊細な感じが一切ないので、きっとハサミのタイプでも大丈夫だ!と思い買い足しました。笑

全部の爪を切っても2~3分で終わるので、楽です!

スポンサーリンク

出産・育児グッズ 重宝したもの

続いて、あってよかった出産・育児グッズについて書いてみます。

授乳クッション

シンプルな暮らしをしたい私は、物が増えるのが嫌なので授乳クッションを買うつもりはありませんでした。

授乳クッションってけっこう大物だし、インテリア的にどうかな~と。

しかし、出産後の入院中で考えが変わりました。絶対に授乳クッションなしでの授乳は考えられない!と。

よって、退院したその足で買って帰りました。

本当に本当によく使いました。今は必要ないですが、子供や私のお昼寝用の枕として使っています。首にフィットする感じがいいんですよ~

結局、授乳クッションのない外出時に授乳ができないという弊害が出るほど、お世話になりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

授乳クッション 【高さ調節可能】【送料無料・日本製】補充綿付き/妊婦/マタニティー/まくら/出産準備/出産祝いプレゼント/あす楽/乳児/ボディーピロー/洗える/円座/マルチウエスト/【5P01Oct16】
価格:4665円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

 

もし、2人目・・・があれば欲しい授乳クッションはこれ!

生まれてすぐの頃は、便利な授乳クッションを持ってしても、高さがもう少しあればな~と思ったことがありました。

こちら、高さ調整ができるのがいいですね!

おくるみ

もうこれは必需品です。

用途が幅広い!

  • アウターとして
  • お昼寝の時のタオルケットや毛布がわりに
  • ベビーカーのひざかけとして
  • 外でのおむつ替えの時に床に敷く

など、いろいろ使えるので、必ずお出かけ用のバッグに入れています。

急に寒くなった時にも使えます。

今は冬なので特に右のカシウェアを多用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エイデンアンドアネイ Aden+Anais おくるみ 4セット コットン スワドル ベビー ギフト 出産祝い ブランケットおくるみ 4枚セット 送料無料 ジャングルジャム 新生児 1枚 2枚 【即納 ロイヤルベビー】
価格:5399円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

kashwere カシウェア ベビーブランケット ミニブランケット ドット柄 BB-73 約78cm×78cm 出産祝い
価格:5900円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

 

 

抱っこひも・ベビーカー

どちらも、買うかどうか迷っていました。

私が住んでいる地域は都会じゃないので、車必須、なのです。

だから、車で移動して、例えば買い物の時はお店でベビーカーを借りればいいのでは?と思っていました。

・・・無理でした。笑

ベビーカーは機嫌次第で乗ってくれないことがある、店や施設によってはないところがある。

よって、どっちも必要でした。

 

抱っこひもはエルゴのデニムを購入。

母子ともにどんな服にでも合うので重宝しています。

エルゴを選んだのは、他のものより重さに耐えられるのが理由です。

息子はすでに10kgほどあるので、肩ひもがしっかりしているエルゴを選んだのは正解でした。

 

エルゴ Lee 抱っこ紐 日本正規品【2年保証】【最新ウエストベルト付】【SG認定】 Lee ジェルトデニム インディゴ/ヒッコリー ストライプデニム【代引・送料無料】【エルゴ lee】【Ergobaby エルゴベビー エルゴ 抱っこひも】 【新ロゴ】【即納】
価格:24840円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

 

 

ベビーカーはコンビの軽いタイプを選択しました。

エアバギーが欲しかったのですが、実際に持ってみて、車への載せ下ろしが大変だと判断し、断念しました。

走行性はエアバギーの方がいいと思われますので、実際使うシーンを想定して選ぶと良いかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビ(combi) ベビーカー メチャカル ハンディ エッグショック DF(コンビ ベビーカー Combi メチャカルハンディ ベビーカー a型 ベビーカー 両対面式 ベビーカー ハイシート 超軽量 軽い めちゃかる 1カ月〜36カ月頃 ) 【送料無料】
価格:32184円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

 

まとめ

今回は息子が1歳までに使ってよかったもの、逆に必要なかったものをまとめました。

必要なかったものも、もちろん雑誌や口コミなどを見て欲しい!と思ったわけで、私にとっては不必要でも、他の人にとっては必要なアイテムもあると思います。なので、参考程度に見てくださいね。

全体的に言えることは、やはり「必要だと思ってから買っても遅くない」ということ。赤ちゃんの様子や、ライフスタイルに合わせて少しずつ増やしていくのがいいのかなーと思います。

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© fu'sアンテナ , 2017 All Rights Reserved.