ウーバーイーツの配達料金やエリアは?登録方法や評判と口コミも!

2018/11/02
 

日本マクドナルドは昨日、Uber EATS(ウーバーイーツ)というフードデリバリーサービスを導入すると発表しました。

6月29日からサービスが開始されるんだそうです!

森泉さんもUber EATSにはまっているとか!

 

以前はそうでもなかったのですが、子供が生まれてから、
食べ物の配達サービスがあると便利と思うことが増えたので、
Uber EATSというサービスがどんなものなのか非常に気になります!

 

そこで、

Uber EATS(ウーバーイーツ)の配送手数料やエリア、また登録方法や評判・口コミを調査してみることにしました。

↓フードの注文はこちら!
(プロモーションコード:intereats6j1dl 入力で初回注文500円OFF!)

 【a】Uber Eats オーダープログラム

↓配達パートナー登録したい方はこちら!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

スポンサーリンク

Uber EATSとは?

Uber EATS(ウーバーイーツ)は食べ物を宅配してくれるサービスです。

  • 配送エリアならどこでも届けてくれる
  • 約30分前後で料理が届く
  • 通常、宅配を行っていない飲食店のメニューが注文できる

といった特徴があります。

 

もともとは、タクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」が2009年にアメリカで誕生。

タクシーの運転手としても、乗り手としても登録することができます。

タクシーに乗りたいときは、スマホで簡単に呼ぶことができ、副業がしたい!という時には運転手として仕事をすることもできます。

 

私、先日akippa(あきっぱ)という駐車場予約システムについて調べたんですが、それに似てるなと思いました。

(↓詳しくは下の関連記事からどうぞ)

 

そんなウーバーの新しいサービスとして日本に上陸したのがUber EATS。

2016年9月29日よりサービスが開始されました。

簡単に仕組みや使い方をご紹介します。

Uber EATSの仕組み

今までのフードデリバリーサービスと違うのは、飲食店の店員ではなくUber EATSの配達パートナーが商品を運ぶというところ。

今回の例でいうと、マックの店員ではなく、Uber EATSの配達パートナーが商品を運びます。

 

配達に興味がある方はこちらをクリック!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

 

前述しましたが、配達エリアならどこでも届けてくれます。

以前は、自宅や勤務先などの建物に届けてもらうというのが一般的でしたが、Google mapで指定した場所、例えば公園なんかにも届けてもらうのが可能だということです。

公園にいて「あ、マック食べたい!」というシチュエーションにも対応できるということですね。

 

さらに、GPSを利用したシステムなので、今配達パートナーがどこにいるか、ということも確認することができますよ。

Uber EATSの評判や口コミ

Uber EATSの評判や口コミってどうなんでしょうか?

今回は、配達パートナー側ではなく、注文者の視点でまとめてみます。

〇良い

  • どこでも届けてくれるのが嬉しい
  • 海外でも利用できるところが良い
  • 有名店のおいしい食事が配達で楽しめる

×悪い

  • 配達可能なエリアが狭すぎる
  • どんな人が配達するかわからないことに不安を感じる
  • システムが安定せず、配達状況が確認できないこともある

 

私は特に、有名店の食事が配達で楽しめるのがいいなと思いました。

子供がいると、外食したくてもできないこともあるので・・・

 

どんな人が配達するかわからないことに不安を感じるという意見については、確かにわからなくはないです。

しかし、Uber EATSに登録している配達パートナーにしても、飲食店の店員が配達するにしても、結局はどんな人が来るかわからないのでは?と思います。

 

またシステムが安定しないと確かに困りますが、比較的新しいサービスなので、次第に安定していくのでは・・・と思いますね。

配達可能なエリアについては、のちほどご紹介します!

スポンサーリンク

Uber EATSの登録方法や使い方

今回は、Uber EATSの注文者側の登録方法や使い方についてご紹介します!

 

まずはこちらのバナーをクリック↓
(プロモーションコード:intereats6j1dl 入力で初回注文500円OFF!)

 【a】Uber Eats オーダープログラム

画面の真ん中あたりに、アプリをダウンロードするためのバナーがあるので、
お手持ちのスマホに合わせてアプリをダウンロードして下さい。

 

①画面の一番下の登録のボタンを押します

 

②Eメール・携帯番号・パスワードを入力したら右上の「次へ」のボタンを押します。

③名前を入力したら、右上の「完了」

④クレジットカードの番号を入力します。

「スキップ」ボタンを押してスキップすることもできます。

⑤配送先の住所を入力します。

⑥住所が配送エリア外の場合、このようなメッセージが・・・

私が住む熊本はもちろんエリア外・・・笑

エリア内の場合は、登録した配送先周辺の飲食店が表示されるとのことです!

では、Uber EATSの配達エリアはどこなのでしょうか?

次の項目で見ていきましょう!

Uber EATSの配達エリアは?

Uber EATSの配達エリアは6月27日現在東京都のみとなっています。

  • 中目黒
  • 五反田
  • 竹芝
  • 新橋
  • 日比谷
  • 新宿
  • 代々木
  • 三軒茶屋
  • 下北沢
  • 四ツ谷
  • 市ヶ谷
  • 品川
  • 目黒
  • 銀座
  • 日本橋
  • 丸の内
  • 京橋

去年のサービス開始直後に比べ、エリアは4倍にまで拡大しています。

詳しくはこちらの地図をご覧ください。

今後は都心以外にも配達エリアを拡大する動きが!

楽しみですね!

Uber EATSの配送手数料は?

Uber EATSの配送手数料は一律380円(税込)です。

例えば、マックだと、Uber EATSの導入以前から「マックデリバリー」という宅配システムを展開しており、配送料金は300円。

マックデリバリーの方が価格は安いのですが、最低注文金額は1,500円。

一方、Uber EATSは最低注文料金が設定されていないため、1品から注文することが可能!

(朝マックやデザートなど一部対象外の商品もあります)

2~3人以上で注文しないとマックで1,500円以上っていかないので、これは嬉しいですね!

まとめ

この記事ではUber EATS(ウーバーイーツ)の配送手数料やエリア、また登録方法や評判・口コミを調査してみました。

  • 配達エリアは東京都の一部
  • 配送手数料は一律380円
  • 最低注文料金は設定されていない

このようなことがわかりました。

Uber EATSが利用できるレストランは4月の時点で500を超えたという情報があります。

次々と利用できるレストランやエリアが拡大されると思います。

非常に楽しみですね!

↓フードの注文はこちら!
(プロモーションコード:intereats6j1dl 入力で初回注文500円OFF!)

 【a】Uber Eats オーダープログラム

↓配達パートナーとして登録したい方はこちら!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© fu'sアンテナ , 2017 All Rights Reserved.