AKB総選挙2017が沖縄で開催される理由!台風や梅雨の心配は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年、2017年はAKB総選挙が6月17日(土)沖縄で開催されます。

 

 

今回、史上最南端である、沖縄で開催されるわけですが、なぜ沖縄で開催されるかって、気になりませんか?

よって、今回はAKB総選挙2017が沖縄で開催される理由について調べてみることとします。

また、6月開催ということですが、台風や梅雨の影響はあるのでしょうか?

そちらもあわせて調査してみることとします。

スポンサーリンク

AKB総選挙2017が沖縄で開催される理由は?

今回のAKB総選挙、なぜ沖縄で行われるのでしょうか?

初のビーチでの開催ということで、解放感もあり、非常に盛り上がるのではないか?と予想されます。

ただ、よく聞かれるのは「梅雨・台風シーズンだけど大丈夫?」との声。

このように、天候の心配があるにもかかわらず、沖縄で開催される理由は何でしょうか?

その最たる理由は、OKN48の誕生が噂されていることにあります。

2016年4月、AKB48のチーム8が沖縄・中城城跡でライブを開催しました。

このイベントは大成功に終わったということですが、それがOKN48の誕生につながるのではないか?と注目が集まっています。

AKB48には沖縄出身のメンバーがいます。

それは宮里 莉羅(みやざと りら)さん。

もしかしたら、AKB総選挙2017と同時に宮里莉羅さんを中心とするOKN48の発足があるかもしれませんね。

注目です!

OKN48移籍・兼任メンバー予想記事はこちら→

OKN48移籍(兼任)メンバー予想!オーディションはいつ?

スポンサーリンク

AKB総選挙2017、台風や梅雨の心配は?

AKB総選挙2017は6月に行われますが、気になるのは台風や梅雨のこと。

影響はないのでしょうか?

まず台風について。

台風の影響

気象庁のHPにて、沖縄・奄美の300km以内に接近した台風について調べてみました。

すると、6月に接近する台風は平均0~2、まれに3つ接近することがわかりました。

とはいえ、本格的なシーズンである7~9月に比べれば、かなり少ない方かと思われます。

しかし、確率的には低いものの、AKB総選挙と重ならない、というわけではありません。

たまたま重ならないことを願うばかりですね。

梅雨の影響

私は一度だけ、沖縄に行ったことがあります。

6月の上旬だったと記憶していますが、『人生で一番強い雨だった』と断言できるほどの雨を経験しました

那覇空港に着いた時の、ものすごい湿気と、雨がすごすぎてバスなどの乗り物から降りられなかったことをよく覚えています。

泳げませんでしたが、珍しい食べ物だけでも十分楽しめましたけどね。

でも、やはり、『晴れた沖縄』に行ってみたいものです。

 

さて、1951年から気象庁が発表している梅雨明けのデータの平均は6月23日、とのことです。

それじゃ、AKB総選挙とかぶってしまいますね。

しかし、ここ10年のデータを見てみると、今年2017年の梅雨明けは6月17日と予想されるようです。

なんと、6月17日はAKB総選挙と同じ日ですね!

ただし、この予想日はあくまでも平均。

例を挙げてみると、2009年の梅雨明けは7月6日ごろ、逆に2015年は6月8日ごろと、1ヶ月も開きがあるのです。

一般的に、雨天決行・荒天中止のイベントが多いと思われますので、台風が来ず、よほどの雨でなければAKB総選挙自体は行われると思います。

が、雨が降らないことを願うばかりです・・・。

まとめ

この記事では、AKB総選挙2017がなぜ沖縄で行われるのか?また、台風や梅雨の心配はないのか?について調べてみました。

沖縄で開催される理由は、OKN48が誕生するのが理由だと言われていることがわかりました。

また、台風については確率次第であること。梅雨については、ここ10年の平均では、AKB総選挙が開催される日と同じ6月17日であることがわかりました。台風・梅雨と重ならないことを願うばかりですね。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*