衛生管理者試験に一発合格する勉強法!おすすめテキストや過去問も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫が、急に『衛生管理者』の資格が必要になりました。

試験を受けるのは2か月後。

必ず合格する必要があります。

 

忙しい夫に代わって、先日の記事では、衛生管理者試験の日程や難易度・一発で受かる合格率について調べてみました。

衛生管理者の試験の概要がだいたいわかりました。

次に気になるのは勉強法!

一発で合格するには、どのような勉強法がいいのでしょうか?

 

この記事では、衛生管理者試験に一発で合格する勉強法について調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

衛生管理者試験の配点や合格ラインは?

まず、衛生管理者試験の科目や配点は次の通りです。

第一種衛生管理者

  • 労働衛生 有害業務に係るもの 10問(80点)
    有害業務に係るもの以外のもの 7問(70点)
  • 関係法令 有害業務に係るもの 10問(80点)
    有害業務に係るもの以外のもの 7問(70点)
  • 労働生理 10問(100点)

合計400点

合格ラインは、各科目ごとに40%以上の正解、かつ全体で60%以上の正解が必要。

つまり、「労働衛生 有害業務に係るもの」の項目では、10問4問以上の正解が必要ということになります。

第二種衛生管理者

  • 労働衛生(有害業務に係るものを除く) 10問(100点)
  • 関係法令(有害業務に係るものを除く) 10問(100点)
  • 労働生理 10問(100点)

合計300点

合格ラインは、各科目ごとに40%以上の正解、かつ全体で60%以上の正解が必要。

 

 

このように、第一種も第二種も、各科目ごとに4割得点し、さらに全体で6割正解することが必要とされています。

各科目ごと、というのがポイントで、ひとつの科目だけ勉強しておけば合格するというものではありません。

やはり、まんべんなく勉強しておく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

衛生管理者試験に一発で合格するには!?

衛生管理者試験に一発で合格するためには、やはり問題集や過去問を繰り返しやる、というのが大事だと思います。

 

これは衛生管理者試験だけに限ったことではありませんが、問題集、特に過去問を何度もやるのが経験上一番効率がいいです。

過去問は問題の傾向を知ることができますし、問題にどれくらい時間がかけられるか、時間配分もわかります。

私が直近で受けた資格試験は、診療報酬請求事務能力認定という医療事務の中でも難易度が高いもの。

約2~3ヶ月の勉強で1発合格しました。

まず、テキストはあまり細かいところまで読みこまず、全体をざっくりと把握する程度にとどめ、とにかく問題を解くのに時間を割いて、間違った問題の解説を読む&テキストで確認という流れでやっていました。

また、テキストは何冊も用意せず、これと決めたものを1~2冊だけ徹底的に何度もやるのがいいかと。

この勉強の仕方は、センター試験の勉強をしていたころからあまり変わっていません。

 

 

そう、私が一番重視するのは、問題集の解説がしっかりしていてわかりやすいか、という部分です。

また、何度も改訂版が発売されているテキストを選ぶのも大事です。

発売されて以来、改訂されていないテキストというのは最新の傾向が織り込まれていないものが多いのです。

けっこう、会社でテキストを支給される方もいると思いますが、その場合はテキストの内容が古いものでないか、というところもチェックしてみるといいかと思います。

では、実際衛生管理者の試験に合格した人はどんなテキストを使っていたのでしょうか?

衛生管理者試験に合格するためのおすすめテキスト

「コレを使って試験に合格した」という声や、レビューを参考にして、おすすめテキストをピックアップしてみました。

 

ネットでも衛生管理者試験の過去問はありますが、それよりも問題の解説が詳しく丁寧に書かれているとのこと。

また解答・解説部分が切り離せる構造になっているため、学習しやすかったというレビューもありました。

けっこう、そういう細かいとこって重要ですよね。

これ1冊だけをしっかりやって合格した!という人も。

 

1冊だけじゃ不安・・・という人はこちらもおすすめ。

これは、上の問題集の解説を見てもわからない場合に参考書代わりに使う、という使い方をしている人が多いようです。

逆に言うと、これ1冊だとちょっと・・・という感じでサブ的な使い方をする方がいいようです。

私だったら、上の問題集だけを5回くらいやるかな~という感じではありますが。

 

 

テキストを2冊ご紹介しましたが、自分に合ったテキストを使うのが一番だと思います。

どんなテキストを選んだとしても、繰り返しやることで精度を高めていくという作業が何よりも大事だと思います!!

まとめ

この記事では、衛生管理者試験に1発で合格する方法について書きました。

調査してみたところ、衛生管理者試験に1発で合格した人はやはり、1冊ないし2冊のテキスト(特に過去問)を何度も繰り返しやっていた、という事実が。

私も今までの経験から、そのやり方が有効であると思います!

おすすめテキストもご紹介しましたので、参考にしてみて下さい!

私も夫に教えます。笑

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*