ぺんてるのエナージェルはおすすめボールペン殿堂入りな件!ジェットストリームとも比較してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この間、近所のリサイクルショップに物を売る際、書類に必要事項を記入しました。

店員さんに借りたペンで記入したのですが・・・

あまりの書きやすさに衝撃!!!

長年溺愛するジェットストリームに勝るとも劣らないペンが存在するなんて・・・

すぐに店員さんに尋ねると

  • 名前はぺんてるのENERGEL(エナージェル)
  • ペン先は2種類あること

など、詳しく教えてくれました。

そしてかなりの確率で、お客さんに「どこのペン?」と聞かれるんだと言っていました。

 

その足でエナージェルを手に入れ、帰宅。

すぐに袋から取り出し、メモ帳に文字を書いてみました。

・・・あれ?

確かに書きやすいんだけど・・・何かさっきと違う!

それに、さっきのはもっと近未来っぽいデザインだったような・・・(後日そっちも入手しました)

 

これは、調べる必要がありそうですね。

スポンサーリンク

エナージェルってどんなボールペン?

エナージェルってどんなボールペンなのでしょうか?

特徴や、種類などを見ていきましょう。

エナージェルの特徴

エナージェルはなんと130ヶ国で選ばれているという、ゲルインキボールペンです。

  • 書き味がなめらか
  • 濃く鮮明な文字が書ける
  • 驚くほどの速乾性がある
  • ボール径が5種類(0.3、0.4、0.5、0.7、1.0mm)ありシーンによって使い分けられる

といった特徴があります。

ノック式とキャップ式の2種類があります。

また、ペン先がボールペンのような形と、シャープペンのような形の2種類があります。

先ほどの店員さんには強く「シャープペンのような形の方を選んでくださいね!」と言われていたので、そちらを選びました。

エナージェルとエナージェルエックスの違い

私が持っている2種類のエナージェルは両方ノック式で、ペン先がシャープペンのような形です。

調べてみると、ノック式にも2種類あることがわかりました。

こちらが、例の感動した方、エナージェル

こちらが、何か違う!と思った方、

エナージェル エックス

 

この2つ、私は書き心地が違うと感じるのですが、実は

中身が一緒なのだそうです。同じ0.5mmですし、芯も一緒。

あれー、前者の方が書きやすいと思うんだけどなぁ・・・

 

そこで、他に違いはないか独自に調べてみました。

自宅にある、0.5g単位まで量れるはかりで重さを量ってみました。

結果:エナージェル 12g エナージェルエックス 11.5g

 

うーん、大した違いではないですね。

でも、この0.5gの違いが、私には書きやすいと感じさせる要因なんでしょうね。

 

あ、あと価格が違います!

前者、エナージェルは200円、エナージェルエックスは100円です。

スポンサーリンク

エナージェルとジェットストリームを比較してみた

私は長いこと、ボールペンといえば三菱鉛筆のジェットストリームが最強だと思っていました。

だからもう、新しいボールペンを開拓しようという気すらありませんでした。

そんなところに登場したのがこのエナージェル。

といっても、最近発売された新商品ではなく、私が知らなかっただけなのですが。

 

・・・では、エナージェルとジェットストリームを比較してみることにします。

まず、共通するのはボールペンであるということ。

ですが、大きな違いがあります。

エナージェルは水性、ジェットストリームは油性です。

そもそも土俵が違いましたね!

でも、これで終わるのも何なので、それぞれの特徴やどんなシーンに適しているかを考えてみます。

 

エナージェルは、とにかく書き心地がなめらか。

そして軽い書き心地なので、長時間文字を書くときに使っています。

また、どこかに提出しなきゃいけない書類などを書くときに使用すると、1~2割増しで字がきれいに見える気がします。

 

次はジェットストリーム

エナージェル同様、なめらかな書き心地が特徴の商品です。油性ボールペンにありがちな、インクがムラになって出るということがありません。

私はほぼ日手帳ユーザーなのですが、毎年おまけで黒・赤・青3色のジェットストリームがついてきます。

こちらはやはり、ほぼ日手帳の用紙、トモエリバーに合うという前提でおまけとしてついてくるため、書きやすいです。

試しにほぼ日手帳にエナージェルで文字を書いてみましたが、いくら速乾とはいえ、やはりインクが少し伸びてしまいました。

やはり、ほぼ日手帳にはジェットストリームが合うようです。

 

 

こちら、名入れができるそうです。オリジナル感が出ますね!

まとめ

今回は、ぺんてるのエナージェルについて調べてみました。

エナージェルにもいろいろな種類があって、好みで使い分ければいいとわかりました。

またジェットストリームと比較した結果、私の場合はジェットストリームはほぼ日手帳に、エナージェルはそれ以外の文字を書くとき、と使い分けようと思いました。

 

お気に入りの文房具が見つかると、テンションが上がったり、仕事の効率が上がったりしますよね。

これからも神文房具を探すため、リサーチを怠らないようにしよう思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*