女性が服選びや服のコーディネートにかかる時間を短縮する2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18歳~60歳の女性は1日に平均して17分も服選びに時間を費やしているというデータがあります。

たいてい、服を選ぶのは忙しい朝。

服を選ぶ時間が短縮されれば、朝もう少し遅く起きたり、時間に余裕をもって外出できたりといいことがあります。

 

我が家にはもうすぐ1歳になる息子がいます。

基本、お昼寝中以外は自分の時間はありません。

しかも、私はやりたいことが多い上、外出も多いです。

朝5時に起きても、家の中では常に小走り・・・

よって悠長に服を選んでいる時間はありません。

だからといって、適当な服やコーディネートでは過ごしたくないですよね。

 

私は以下の2つの方法を実践して、服のコーディネートにかかる時間をほぼゼロにしました。

  1. 服の数を減らす
  2. コーディネートのパターンを決める

それではひとつずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.服の数を減らす

まず服を減らすとコーディネートするのが楽です。

着ていてテンションが上がらない服、1~2年着ていない服は処分します。

よく「流行は巡る」と言いますよね。

例えば、10年前に流行っていたアイテムがまた今年流行った、とか。

でも、同じアイテムでも、丈がちょっと違ったり、形がビミョーに違ったりするものなので、また流行るかも!と思って取っておくのは得策ではありません。

 

着ない服をとっておくと、スペースが無駄になる上、その服を管理する時間も無駄です。

よって、今現在よく着る1軍の服だけ持つのをおすすめします。

また、1軍の服に2軍3軍の服が混ざっていると、服をたくさん持っているのにコーディネートがイマイチ、という現象が起こり、ストレスがたまります。

 

断捨離の利点

私は断捨離歴6年になります。

夫と結婚して最初の引っ越しの時、家具プラス段ボール60箱を超えるほどの大荷物でした。

家具の中に洋服などを収納した状態で搬送してもらったにもかかわらず、です。

引っ越しは大変だったし、物はたくさんあるのに探している物が見つからない、ということがたびたびあるのが嫌になり、断捨離をすることにしました。

 

物事を判断したり、決断することは疲れます。

最初は何を捨てるか、何を残すかでずいぶん悩みました。

でも、それを何度も何度も繰り返していくと、だんだんと断捨離のスピードも早くなり、判断力や決断力もつきます。

 

ここ数年「ミニマリスト」を目指す人が増えてきました。

ミニマリストとは必要最低限の物だけで暮らす人のことで、私も目指しています。

その手段として、断捨離は必須。

 

物が少なくなると、

  • 物を探す時間が減る
  • 物を管理するスペースや時間が減る
  • 掃除がしやすくなるので家事の時間が減る

など、いろいろいいことが。

特に土地の狭い日本では、家も狭い傾向にあるため、物が少ない方が暮らしやすいのではないかと思います。

服の選択肢を減らす

断捨離については、またいろいろ書きたいのですが、今回のテーマは服ですので、服についてもう少し書いてみます。

 

突然ですが、私は、ワンピースしか着ないと決めています。

着ていて楽であること、体型が多少変わってもごまかせることが理由です。

妊娠中も、マタニティウエアなどを買い足すことなく過ごせました。

また、ワンピースは素材にもよりますが、アウター次第で1年中着れるものも多いです。

さらに、ワンピースしか着ないということは、通常ならばトップスとボトムスの2枚(種類)必要なところ、1枚(種類)で済むということ。

少ない物で生活したい私には、うってつけのアイテムなのです。

 

今のところ、子供と遊ぶのにワンピースだと不便、ということもありません。

頻繁に外で遊ぶようになって不便だと感じるようになったら、その時必要な服を購入しますが・・・

 

また、ワンピースの中でも、似合わない形などはどんどん排除していきます。

私の場合、二の腕が気になるのでノースリーブは買わない、とか。

 

そうして、服の選択肢を減らしていって自分の定番を見つけると、服を買う時にも困らなくなります。

また、服のテイストが決まってくると、買う店も絞られていきます。

私は、ワンピースに限っては、marimekko(マリメッコ)か地元のセレクトショップで買うと決めています。

店員さんも私の好みを把握してくれているので、私が好きそうな服が入荷したら連絡をくれます。

すると、服を買うときにあまり時間をかけずに、自分が好きな服、似合う服が手に入る確率が高まります。

スポンサーリンク

2.コーディネートのパターンを決める

自分が着ていてテンションが上がる服、好きな服、よく着る服ばかりになったら、コーディネートを考えていきましょう。

 

普通は、TPOで服を選んだり、コーディネートすることが多いと思います。

例えば、コンビニに行く時、デートの時、友達に会う時・・・など。

私も以前はそうしていたのですが、そうすると、何パターンものコーディネートを考えなければいけなかったり、さらにはたくさんの服が必要になります。

よって、TPOで服を選ぶのをやめました。

要は、ある程度、いつどんな場面でも大丈夫なコーディネートにしておくということです。

だいたい水準を一定にしておくと、コンビニにラフな格好で行ったら、○○に会って恥ずかしい思いをした、という失敗もなくなりますよね。

 

先ほど書きましたが、marimekkoのワンピースは本当におすすめです。

値段は3~5万するものが多いですが、普段使いにもいいですし、何より可愛いし、アクセサリーなどの小物によっては結婚式にも出席できます。

本当にTPOを選びません。

5万円の服も、100回着れば1回500円。安くてもイマイチな服を何枚も買うより、ずっといいですよね。

 

こちら、シンプルなボーダーなので私は部屋着としても愛用しています。

 

これは、結婚式などフォーマルにもおすすめ!

 

ここ数か月、私が高確率で着ているのはこれ。笑

 

あとはけっこうGUをチェックしています。

トレンドを押さえているので、コーディネートに1つ入れると、今っぽさが増します。

若くないので、全身GUはアウトですが、1つだけ取り入れると、かなりいい感じになります。

 

さて、私の服のコーディネートの決め方について書きますね。

私は、月のはじめに2~3パターンほどの服のコーディネートをあらかじめ決めてしまいます。

2月だったら、ものすごく寒い日、普通に寒い日、などを想定して決めます。

ものすごく寒い日には厚手のダウン、普通に寒い日には薄手のアウター、など・・・

 

だいたいこれとこれを合わせようかな~ぐらいのゆるい決め方ではなく、

タイツの色、靴、バッグや小物に至るまで完璧に決めます。

さらに、自分が持っている服や小物の中で最高だと思うコーディネートにするのがポイント。

そうすると、毎日の服選びにかかる時間はゼロですし、完璧なコーディネートで出かけることができます。

ワンピースだけ決めておいて、タイツの色は気分で選ぼう、とか思っていると、外出先で「やっぱりあっちがよかったかな・・・」などと思う原因になります。

 

コーディネートのパターンの数は、自分の行動に合わせて決めるといいと思います。

お仕事をされている方は、もう少し多くなるかもしれないし、洗濯の頻度によっても変わってくると思います。

 

人に、同じ服ばっかり着てると思われるかもしれない、と思うかもしれません。

でも、たくさんの適当なコーディネートがあるより、ずっといいと思います。

着ている時のテンションも違いますしね。

また、同じ服ばっかり着ていると消耗が早くなります。つまり早く買い換えることになりますよね。

そうすると、いつも旬の服やコーディネートを楽しめることになって、結果おしゃれな人に思われるのではないでしょうか?

まとめ

今回は、服選びの時間を短縮する方法について書きました。

服選びの時間を短縮するには、まず服の数を減らすことが大事です。

そして、減らして残った服の中から、事前にコーディネートを考えておくのがポイントです。

私はこの方法で、朝の服選びの時間がゼロになりました。

特に忙しい人に、ぜひ試していただきたいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*