眞子さま婚約内定発表時期前倒し・本当の理由は?デキ婚の可能性も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、眞子さまの婚約内定時期が前倒しになる、というニュースがありました。

宮内庁によると、「婚約の準備が進んでいることが一斉に報道され、公知の事実となったため」とのこと。

なんだか、納得できるような、できないような・・・

公表されている他に、本当の理由があるような気がしてなりません!

 

そこで、この記事では、眞子さま婚約内定発表時期前倒し・本当の理由を探ってみることにしました。

デキ婚の可能性!もありそうな予感・・・

 

眞子さま関連記事はこちら

眞子さま挙式の会場や費用は?ドレスのブランドや新居の場所も予想!

眞子さまの婚約指輪のブランドや値段は?結納金や日程も予想!

眞子さまの結婚相手は誰?名前や職業・家族についても調査!

スポンサーリンク

眞子さま婚約内定時期前倒し、本当の理由は?

 

冒頭にも書きましたが、眞子さま婚約内定を正式発表する時期について、当初は今年秋以降となる見込みだったのを、数ヶ月前倒しするとのこと。

前例に従えば、当日眞子さまと小室圭さんの2人での記者会見で婚約内定の正式発表がなされるようです。

5月25日時点では、その時期は未定とのことです。

 

眞子さまは5月31日から6月8日の日程でブータンを公式訪問される予定になっていて、記者会見は早くても帰国後、とのこと。

結婚式は当初のまま来年の予定になっていますね。

 

で、前倒しする理由というのが、「婚約の準備が進んでいることが一斉に報道され、公知の事実となった」ということ。

今回、眞子さまの婚約に関する発表は宮内庁によるものではなく、リークされたという形でしたよね。

もうバレちゃったし、婚約発表早めてしまえー!ってことなんでしょうか。

特に何もなければ、当初の予定通りすればいいと思うのですが・・・。

 

何か別の理由があるのでは?と思います。

考えられるとしたら、

  • 天皇の譲位に関すること
  • 小室圭さんの仕事
  • 眞子さまご懐妊?

この3つだと思います。

1つずつ、検証してみますね~。

スポンサーリンク

天皇の譲位と関連?

婚約時期を早めるのは、譲位に関する理由があるのでは?と言われています。

 

こちらは女性セブンの情報ですが、陛下は眞子さまの結婚式に天皇としての立場で出席したいというお考えがあるとか。

また、眞子さまの結婚式来年中に行われなければ、退位が2019年以降にずれ込む可能性があると言われています。

陛下の退位が予定通り行われるように、眞子さまの結婚を急いでいる、ということのようです。

 

譲位後は、秋篠宮さまが実質的に皇太子として扱われることになります。

眞子さまが宮家の長女から『皇太子さまの長女』という立場に変わってしまうわけですね。

すると、一般的な家庭で育った小室さんとの立場の差がさらに広がり、横やりを入れられる可能性があるとか。

 

なるほど、そう聞くと結婚を早めた方がいいような気がしますね。

 

ただ、そんなに急がず、当初の予定通りでも来年2018年中に結婚式を行うことができるのでは?と思うんですよね。

紀子さまの例を挙げると

  • 婚約記者会見が1989年9月12日
  • 納采の儀(結納)が1990年1月12日
  • 結婚式が1990年6月29日

に行われています。

皇室は、結婚に際していろいろな手順を踏まなければいけないとはいえ、眞子さまが秋に婚約内定の記者会見をしても、結婚式は十分来年中にできると思います。

うーん、なぜそんなに急ぐのか、理由が見当たりませんね。

とりあえず、他の項目も見てみましょう。

小室圭さんの都合?

小室圭さんがアメリカのロースクールに通うために、婚約時期を早めたということも考えられると思います。

 

どういうことかといいますと・・・

小室さんは現在、一橋大学大学院・国際企業戦略研究科に通いながら、パラリーガルとして奥野法律事務所に勤務しています。

パラリーガルというのは、一言で言うと、弁護士業務の補助。

一般的にパラリーガルの仕事をしながら、法律資格の取得を目指す、というパターンが多いようです。

よって現在は正社員ではないと言われていますね。

 

小室さんは法律事務所の前に大手銀行に勤務していたとの情報がありますが、辞めた理由は「国際弁護士になりたい」という理由からだとか。

弁護士になるための司法試験の受験資格を取得するには

  • 法科大学院(ロースクール)を修了する
  • 司法試験予備試験に合格する

どちらかが必要となります。

小室さんは法科大学院に通っていないため、受験資格を得るには予備試験に合格することが必要です。

しかし、予備試験の合格率は3%と言われており、合格は相当難しいとのこと。

よって、アメリカで弁護士資格を取るのでは?と言われています。

 

アメリカの司法試験の合格者は75~90%と、日本よりかなり合格率が高いそう。(日本は約20%)

アメリカでも日本と同様、ロースクールに通うと、司法試験の受験資格を得ることができるので、小室さんもそういう理由でアメリカのロースクールに通うのでは?と予想します。

通常アメリカは9月に学期が開始するので、学業に専念するため婚約会見の時期を早めるのでは?と思った次第です。

飛躍しすぎましたかね?

 

と、ここまで書いておいて思ったのですが、

だったら最初から弁護士になってからプロポーズなり、結婚準備するなりすればいいのに・・・と思いません?

やっぱり、結婚をやたら急いでる感がありますね。

もうちょっと探ってみましょう。

眞子さまご懐妊でデキ婚!?

もしかして・・・眞子さま、ご懐妊されたんじゃないでしょうか?

一般的に、結婚を早める理由として、「妊娠」はよくありますよね。

 

「眞子さまご結婚」の速報が世間を驚かせたのが5月16日。

まだ10日前のことなんですね~。

こんな短期間に、数ヶ月も婚約会見(結婚も?)早めるなんて、不自然すぎる!

 

また、結婚準備をしていると言いながら、お相手の小室圭さんが勤務先の法律事務所に報告していなかった、というのもアヤシイ。

プロポーズを数年前にしておいて、ましてや皇族と結婚する予定なら、早めに報告しておくのが普通なのでは?と思います。

予期せぬことが起こった=眞子さまのご懐妊が判明、ということになったから、あんな形で婚約者が発表されたのでは?

実際、小室さんの上司もかなり驚いている様子でしたね~。

 

もしご懐妊の場合、早くても判明するのは妊娠2ヶ月ですよね。

その場合、出産予定は12月くらいでしょうか。

 

また、安定期に入るのはだいたい8月になります。

秋以降の婚約会見予定を前倒しするとのことなので、安定期に入ってすぐ、夏の間に婚約・結納(納采の儀)を終わらせてしまおう、という可能性もありますね。

 

・・・とこのように予想しておいても、もし本当にご懐妊、というニュースが流れたら驚く自信があります!笑

だって・・・言い方は悪いですが、やはり皇室の方がデキ婚って前代未聞・・・。

まとめ

この記事では、眞子さまの婚約内定発表時期前倒し・本当の理由を考えてみました。

私はやはり、眞子さま妊娠説の可能性が高いかと思います。

とはいえ、勝手な憶測で実際のところはわかりませんね。

まぁ、どういう形であれ、眞子さまが幸せになられたらいいな・・・と思います!

 

眞子さま関連記事はこちら

眞子さま挙式の会場や費用は?ドレスのブランドや新居の場所も予想!

眞子さまの婚約指輪のブランドや値段は?結納金や日程も予想!

眞子さまの結婚相手は誰?名前や職業・家族についても調査!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*