眞子さま挙式の会場や費用は?ドレスのブランドや新居の場所も予想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眞子さまご結婚!のニュースから2日。

まだまだ興味は尽きません~!

お相手、婚約指輪や結納について・・・と調べてきましたが、次に気になるのが結婚式について。

 

今回の記事では、眞子さまの挙式(結婚式)の会場や費用について、またドレスのブランドや新居の場所についても予想してみることにしました!

 

スポンサーリンク

眞子さま挙式の会場や費用・ドレスのブランドは?

眞子さまの結婚は来年との情報がありますが、挙式の会場は5月18日時点では決まっていません。

まだ結納(納采の儀)の日にちも決まっていないから、当然か・・・

ってことで、勝手に予想してみます!笑

挙式会場は?

眞子さまの結婚式は帝国ホテルで行われるのでは?と思います。

なぜ帝国ホテルが出てきたかというと・・・

  • 典子さま 出雲大社
  • 清子さま 帝国ホテル
  • 雅子さま 皇居内

それぞれこのような場所で結婚式が行われたという情報があります。

 

私の勝手なイメージでは、眞子さまは出雲大社っぽい!という感じがしますが・・・

(和装が似合いそう)

典子さまがご結婚された千家國麿さんは出雲大社の権宮司であることから出雲大社を選ばれたわけで、眞子さまはあんまり関係ないかなーと。

※権宮司とは宮司の次の位ですね。

 

そして、帝国ホテルかな?と思う一番の理由はアクセス。

皇居と目と鼻の先のところにあります。(直線距離でいうと500mくらい)

 

天皇皇后両陛下はご高齢なので、遠出はしんどいと思うんですよね。

なので、眞子さまは近くで、清子さんも挙式された帝国ホテルを選ばれるのではないかと。

 

もちろんあくまでも私の勝手な想像なので、また正式な会場が分かり次第お伝えしますね!

挙式費用は?

眞子さまが仮に帝国ホテルで式を挙げられた場合の話です。

帝国ホテルの挙式・披露宴の費用は最低でも400万です。

帝国ホテルのこちらのプランを参考にしました。

詳しくは→こちら

人数は、清子さまが結婚式を挙げられた時の130名を参考に、計算してみました。

 

しかし、結婚式を経験されたことがある方はわかると思いますが、最初の基本プランからいろいろオプションつけていったら、倍くらいの金額になりません?

このプランには衣装は含まれていませんし、料理をグレードアップするとまた金額が上がるでしょうね。

そこで重要となってくるのがやはり金額をかなり左右するであろうドレス。

早速ドレスについて調べてみましょう!

ドレスのブランドは?

ドレスは既製のものではなくデザイナーに依頼すると思うのですが、候補のひとりとして、西田武生さんが挙げられると思います。

この方、紀子さまの専属のデザイナーなんだそうです。

現在87歳とのことですが、今も現役で活躍されています!

眞子さまの普段の服についてはわかりませんが、ウェディングドレスという特別なものは、お母様である紀子さまのデザイナーに委託するのではないか?と思いました。

 

他にも皇室関連のデザイナーについて調べてみました。

清子さんのドレスは「ルパン三世 カリオストロの城」のヒロイン・クラリス姫のドレスを参考にしたものと話題になりました。

デザイナーの方を調べてみたところ、植田いつ子さんということがわかりました。

皇室専属で、美智子さまと雅子さまを担当されていましたが、2014年に85歳でお亡くなりになりました。

 

また、雅子さまの結婚式のドレスは森英恵さんがデザインしたとか。

 

ドレスの生地は、納采の儀(結納)の時に供物(結納品)としてお相手の小室圭さん側から送られるであろう絹のドレス用生地が使われると思います。

デザイン・仕立ての料金については・・・

正直全く想像つきません!!!

 

参考までに、楽天で買える一番高いドレス、検索してみました!笑

↓クリックして金額確認してみてください。


ヘイリーペイジ 一般 一般 レディース マルチ Hayley Paige Hayley Paige ‘Mila’ Strapless Silk Organza Wedding Dress (In Stores Only)

一般的には高い方なのかもしれませんが、眞子さまのドレスとは比べ物にならないだろうな~。

 

皇室の結納についてはこちらにまとめています

眞子さまの婚約指輪のブランドや値段は?結納金や日程も予想!

スポンサーリンク

眞子さまの新居の場所は?

眞子さまご結婚関連の妄想記事、続きます。笑

 

ご結婚後、新居の場所はどこになるのかな?とふと思ったんです。

おそらく新居は、都内か横浜のどちらかであると思います。

横浜は小室圭さんが生まれ育った場所ですね。

やはりお二人のゆかりのあるところに新居を構えるというのが自然でしょう。

 

また、ゆくゆくは海外へ移住する可能性もありそうです。

小室圭さんは、奥野法律事務所で外国法共同事業の仕事をしています。

外国法共同事業というのは、日本と外国の法律事務所が知識を共有しながら、ひとつのチームとして働くことができるように、日本法で認められた事業のこと。

要するに海外の法律事務所と連携したり、助言したりする、ということなんだそう。

よって仕事柄、海外勤務もあり得るかな?と思います。

そうなると、眞子さまの博物館のお仕事はどうなるんだろう?とかいろいろ考えてしまいますが、キリがないのでこのへんで。笑

まとめ

この記事では、眞子さまの挙式(結婚式)の会場や費用について、またドレスのブランドや新居の場所を予想してみました。

  • 帝国ホテルで挙式されるのではないか(帝国ホテルの場合、最低のプランが400万円)
  • ドレスは、紀子さま専属のデザイナー西田武生氏?
  • 新居は都内か横浜

このように予想しました。

実際はどうなるでしょうか?

ひそかに楽しみにしておこうと思います。笑

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*