メイソンピアソンの選び方は?口コミやレビューと偽物の見分け方も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイソンピアソンってご存知ですか?

美容、特にヘアケアに興味がある人なら聞いたことがあるかもしれませんね。

 

メイソンピアソンは『ブラシ界のロールスロイス』などと評されるほどの品質や耐久性が素晴らしく、ギフトとしても定評があります。

私も6年使っており、非常に気に入っています!

 

そこで、この記事ではメイソンピアソンのブラシについてレビューも交えてご紹介したいと思います。

選び方や、口コミ、偽物の見分け方についても調査してみますね!

 

【メイソンピアソン】


ブラッシングの効果

あなたは毎日髪のブラッシングしてますか?

私はメイソンピアソンのブラシを使う以前は、面倒で、ほとんどしていませんでした。

出かける時も、手ぐしで整えるか、そのままアレンジするのみ。

そんなに髪が絡まったりしないので、ブラッシングしなくても問題ないかなと思っていました。

 

しかも、髪の毛が絡まったブラシを掃除するのが嫌で嫌で。

まずあらかた手で髪の毛を取り除いてから、綿棒などで細かいところを掃除するというやり方でやっていたのですが、本当に面倒だなと思っていました。

 

でも、雑誌やテレビ、ネットなどいろんなところで目にしますが、ブラッシングっていろいろな効果があるんですよね。

髪の絡まりを解く以外に

  • 頭皮と髪の汚れを取り除き、シャンプーの泡立ちをよくする
  • マッサージ効果で、育毛効果が期待できる
  • 皮脂を髪全体に行き渡らせることで、天然のトリートメント効果を発揮させ、髪を潤す

などなど。

では、どんなブラシを選べばいいのでしょうか?

ブラシの毛質比較

ブラシの毛質(材質)にはさまざまなものがあります。

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

ナイロンブラシ

ナイロンブラシは、水洗いができて、扱いが楽です。

ボリュームを出すのに適しています。

↓クリックすると画像拡大します!

 

デメリットは静電気が起きやすいこと。

静電気は、ヘアスタイルに影響するだけでなく、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

選ぶなら、静電気防止過去がしてあるものを!

木製ブラシ

木や竹でできたピン(毛)のブラシです。

↓クリックで詳細が見れます!

メリットは、頭皮に優しく静電気が起きないこと。

デメリットは、頭皮に優しい分マッサージ効果は弱いことでしょうか。

豚毛ブラシ

豚毛ブラシは比較的手頃です。

↓画像クリックすると拡大します!

私もちょうど画像のような豚毛のロールブラシを持っています。

髪をガチっとキャッチして、しっかり髪を梳かすことができます。

カールもつけやすいです。

手触りは少しやわらかいと感じますが、先端が少しチクチクします。

猪毛ブラシ

弾力性があり、頭皮をしっかりマッサージしつつ、髪をきちんと梳かしてくれます。

希少なため高価なのがデメリットです。

 

↓クリックして価格をチェック!

このように、毛質によってメリット・デメリットがあります。

では、この中で何を選べばいいでしょうか?

メイソンピアソンをおすすめする理由!

私がおすすめするのは、メイソンピアソンです!

【メイソンピアソン】


 

メイソンピアソンは創業150年の老舗ブランド。

冒頭でもご紹介しましたが、『ブラシ界のロールスロイス』と言われています。

理由は、耐久性と品質が素晴らしいからです。

 

ブラシって長く使い続けると、毛がへたってきたり、毛が抜けたり・・・ということがありますよね。

メイソンピアソンは何年、何十年も使い続けられるそうです。

その証拠に、私が6年使用したメイソンピアソンのブラシは買った時と比べて何の変化もありません。

http://fu-39.com

持ち手の文字は少し薄れてしまいましたが・・・。

 

私は今まで、ブラシを何本も持っていましたが、毛がへたってしまったり、特に効果を感じられなかったり、ということが多かったです。

しかし、メイソンピアソンはもう6年も使っていますし、買い換えるつもりもありません。

ここで使ってみたレビューを!

 

メイソンピアソンを6年使ってみた感想

実は、メイソンピアソンのブラシを最初使った時、刺激が強すぎてびっくりしました。

痛いのかな?でもちょっと違う・・・と戸惑いながらも、毎日使っているうちになぜかやめられなくなってきました。

マッサージ効果で、頭皮と気持ちが本当にすっきりするのです。

正直、頭皮や髪のためというより、気分転換に使うという時もあるほど。

それくらい、このマッサージ効果はやみつきになります。

これは使った人にしかわからない感覚だと思います。

 

また、「髪のため」と思ってブラッシングをしているわけではないのですが、やはり髪への効果が素晴らしいです。

私はもともと軽いくせ毛だったのですが、出産を機にくせが強くなってしまい、半年に1回くらい弱い縮毛矯正をかけています。

カラーは2ヶ月に1回ほど。

しかし、枝毛は1本もありませんし、ツヤがあり天使の輪もあります。

これは、やはりブラシの効果でしょうか?

 

年齢を重ねると、髪にツヤがなくなってくるといいますよね。

髪にツヤがないと、肌もツヤがなく見えてしまいます。

このブラシを使っていると、10年後、20年後が楽しみになりますよ!

 

また、ブラシのお手入れは簡単です。

画像右にある『ブラシを掃除するブラシ』を通すと、髪の毛やほこりがキレイに取れます!

面倒どころか、ちょっと楽しいくらいですよ。

 

私が使ってみた感想はこんな感じです。

メイソンピアソンは世界のスタイリストやセレブ、また多くの芸能人が使っていますが、その理由が非常によくわかります!

 

他にも、使ってみた人の口コミも!

うん、私もこれを買う前の髪の状態、もう思い出せません・・・!

 

では、メイソンピアソンブラシの選び方を!

ブラシの選び方

メイソンピアソンのブラシは

  • ブラシの毛質
  • ブラシの大きさ

で、自分に合う1本を決定します。

 

ブラシの毛質は4種類。

  • 硬質猪毛100% ボリュームが多い人向き
  • 猪毛+ナイロン毛 くせ毛・髪の毛がかたい人向き
  • 猪毛100% オールマイティに使え、『最初の1本』に最適
  • 軟質猪毛100% 子供やシニアなど繊細な髪の人に

ちなみに私は髪の毛が細く、やわらかく、ボリュームはないです。

くせ毛のためナイロンミックスも考えたのですが、髪がやわらかいため猪毛100%を選びました。

 

上に行くほどマッサージ効果が高いようです。

私のでも十分刺激があると思うんですが・・・笑

 

サイズについては、好きなものを選んでいいと思います。

が、やはりサイズが大きなものは、髪の長い人に向いているのではと思います。

メイソンピアソンの偽物があるって本当?

メイソンピアソンの偽物はないようです。

メイソンピアソンと検索すると、偽物と出てくるので、「偽物あるの!?高価だからかな?」とびっくりしましたが、偽物は存在しません。

ただ、並行輸入品があります。

 

並行輸入品の説明書は全て英語で書かれているとのこと。

そして、正規品に貼ってある『正規輸入品』のシールが貼られていないんだそうです。

 

私のは?と思ったのですが・・・

そういえばオーストラリアのデパートで購入しました。

別に安くもなかったですし、全然オーストラリアで買う理由はなかったのですが・・・笑

海外で買ったら、正規輸入も何もないですよね・・・。

まとめ

この記事では、メイソンピアソンのブラシについてご紹介しました。

ブラッシング嫌いの私が6年も毎日欠かさず使っているブラシ、本当におすすめですよ!

「髪は女の命」とはよく言ったもので、髪がキレイじゃないとどんなに服がおしゃれでも冴えない印象になりますし、反対に髪にツヤがあると肌にもツヤがあるように見えます。

見た目年齢も変わりますよね。

 

確かにこのブラシは非常に高価ですが、何十年も使えるのでコスパは非常にいいです。

実際計算してみると、約2万円のブラシを6年使っているので、今のところ9円/日 ということになりますね。

多分、あと10年は余裕で使えると思いますので、コスパはもっとよくなるでしょう。

適当なブラシを何本も買い換えるよりよっぽど経済的だと思います。

 

10年後、20年後の髪が楽しみになるように、一度使ってみてはいかがですか??

【メイソンピアソン】


 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*