太陽フレアの発生原因は?人体への影響や地震との関係も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月7日に確認された太陽フレアにより、明日9月8日に通信機器に影響がある可能性があると話題になっています。

私も気になって、具体的にどんな影響があるのか、また対策について調べたところです。

 

メディアによると、『人体に影響はない』ということですが、果たして本当でしょうか?

通信機器に影響を及ぼすようなものが人体に影響がないなんて、どうも信じられません。

また、調べていくうちに、地震と関連があるかもしれないという情報まで出てきました。

怖いですね。

 

そこで、この記事では、太陽フレアの発生原因、また人体への影響や、地震との関連について調べてみることにしました。

スポンサーリンク

太陽フレアって何?発生原因は?

太陽フレアとは、太陽表面で起こっている爆発現象のことです。

別名、太陽面爆発ともいいます。

 

小規模なものは1日3回程度起きていますが、太陽の活動が活発な時には、黒点の付近で大きな太陽フレアが起こることがあるようです。

太陽フレアの初めての観測は、1859年にイギリスの天文学者、リチャード・キャリントンによって行われました。

観測が始まって以来最大の太陽フレアは2003年11月4日に発生したもののようです。

また、1989年に大規模が太陽フレアが発生した際は、カナダのケベック州で9時間にも及ぶ停電が発生したそうです。

 

超巨大なフレアのことを『スーパーフレア』と呼びますが、過去太陽で起きたことがあり、今後も起きる可能性があるという研究者もいるようです。

スーパーフレアは、地球の磁場を混乱させ、電力網を停止させると言われています。

そうなるとアメリカだけでも1兆~2兆円を超える被害がでて、完全復旧には4~10年もの月日を要するとか。

恐ろしいですね。

現在、フレアの発生を観測・予報すること(宇宙天気予報と呼ばれています)が、太陽研究者にとって重要課題となっているそうです。

発生原因は?

太陽表面に2種類の特殊な磁場構造が生じると太陽フレアが発生するという説が有力とのことです。

 

名古屋大学太陽地球環境研究所の研究チームが仮設を立て、地球シミュレータというスーパーコンピュータでシミュレーションを行いフレアの発生パターンを探ったところ、「反極性(OP)型」または「逆シア(RS)型」と呼ばれる2パターンの特殊な構造で現れたときにフレアが発生することを見出したそうです。

これを検証するために、日本の太陽観測衛星「ひので」による観測データを解析したところ、大規模フレア発生の数時間前に上記の2種類と一致する磁場構造が現れていたことが明らかになりました。

 

この研究は、フレア発生原因の解明に大きく貢献する内容であり、前述した宇宙天気予報を実現する上でも大きな成果であると言われています。

スポンサーリンク

太陽フレアの人体への影響は?

9月7日のニュースによると、太陽フレアによる人体への影響はないと言われています。

本当でしょうか?

先ほど、スーパーフレアが起こると、電力網の完全復旧には長くて10年もの年月がかかると前述しました。

このような大きな力を持つ太陽フレアが人体へは影響がないなんて、信じられないのですが・・・

 

調べてみたところ、確かに太陽フレアが人体に影響を与えることはないようです。

ただ、頭痛やだるさなどの不調を訴える人がいるとか。

影響してるやん!と言いたいところですが、これは心理的影響とのこと。

このように、みなさん今太陽フレア、怖いし心配ですよね?

その怖いとか不安な気持ちが人体に影響する人もいるようです。

 

ただ、放射能を浴びる可能性はあります。

太陽フレアが起こると、電磁波や放射能、CME(コロナ質量放出)が時間差で地球に到達します。

ちょうど飛行機に乗っている時が放射能が届くタイミングだった場合、被ばくすることも考えられます。

このことに関しては、別の記事に記載しましたので、そちらもご覧くださいね。

太陽フレアによる影響についてはこちら

太陽フレア2017の通信機器の復旧はいつ?対策を調査!

 

太陽フレアは地震と関連がある?

太陽フレアは地震を引き起こすトリガーになる、と言われています。

一見関係なさそうですが、なぜそのように言われているのでしょうか?

 

とその前に、太陽フレアの規模についてちょっと書いておきますね。

太陽フレアの等級には、低い方からA・B・C・M・Xがあります。

10倍ごとに上の等級になります。

地震のマグニチュードのようなものですかね。

本日の太陽フレアの等級は、X2.2とX9.3という大規模なフレアでした。

 

因果関係は不明ですが、2011年の東日本大震災の前日にX1.5の太陽フレアが、さらに2016年の熊本地震の前にも数値はわかりませんが太陽フレアが発生したことが確認されているようです。

その他にも、これまでM8クラスの巨大地震の前に太陽フレアが観測されていたという情報も。

めちゃくちゃ怖いですね・・・

 

そういえば、おととい地震の夢で目が覚めました。

もちろん、夢なので今回のことと関係ないとは思いますが、何かイヤな予感がする気も・・・。

何事もないことを祈ります。

 

太陽フレア、怖い情報ばっかりですが、最後に明るい話題をひとつ。

太陽フレアの影響で、普段見られないところでオーロラが見れるかも!?という情報があったのですが、それがまさか北海道だったとは!

自然系で見てみたいものは、オーロラとボリビアのウユニ塩湖なので、いいなぁ~と思います。

見れるといいですね!!

【追記】

今、私の住む熊本で地震がありました。

久しぶりけっこう揺れたのでちょっと怖かった・・・

やっぱり、太陽フレアと地震は関係あるのかな・・・と思いながら、テレビをつけると、さきほど中米でM8の地震があったと速報が出ていました。

本当に何かしらの影響があるのかもしれませんね。

まとめ

この記事では、太陽フレアの発生原因や、人体への影響、また地震との関連について調べてみました。

一番気になる人体への影響については、直接はないとのこと。

しかし、心理的影響で体調を崩す人はいるかもしれません。

また、定かではありませんが、過去の大地震の前に太陽フレアが発生していたという情報もありました。

地球で何事もないことを願います。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 名無し より:

    私もテレビで中米で地震があったのを知りました。
    何かしらの影響があることは間違いなさそうですね。

    1. fu39 より:

      コメントありがとうございます!
      月の引力と地震が関係あるとは聞きますが、太陽とも何かしらの関係があるようですね。
      これ以上、何も起こらなければいいのですが・・・

コメントを残す

*